ダイエットの常識破壊

毎日、お肉を「好きなだけ食べて」痩せませんか?

↓ 詳しくは ↓

コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!
あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!

目の下のクマ・たるみをとる方法~目元美人になる方法

目の下のクマ・たるみをとる方法~目元美人になる方法

【目の下のクマやたるみの種類と原因】

見た目の印象を決める顔のパーツと言えば特に目元になりますが、その目元にクマやたるみが出てしまうと、一気に年齢よりも老けて見えてしまったり、顔全体が疲れている様な印象を与えてしまいます。クマはファンデーションやコンシーラーを使ったメイクで多少はカバーする事ができますが、クマの種類によってはメイクでもクマが浮いてしまったり、厚化粧で不自然になってしまったりと、綺麗に隠す事が難しくなってきます。

実は目元のクマには、様々な種類があります。寝不足、パソコン・スマホ等による眼精疲労、ストレス、ホルモンバランスの崩れ等によって血行不良が起こり、目の下を中心に発生する「青グマ」、アイメイクが落とし切れず、残留する事により色素沈着を起こしたり、摩擦の黒ずみ等、目の回りをぐるりと取り囲む様に発生する「茶グマ」、そして老化や日焼け等で皮下組織のコラーゲンが減少し、たるみによって発生する「黒グマ」と言われるものが、主なクマの症状になります。

いずれのクマも、原因別の解消法がありますが、茶グマや黒グマに関しては早めに対処を行わないと、毎日繰り返される色素沈着によって、クマが蓄積される様にどんどん酷くなってしまいますので、特に注意が必要です。何故顔の中でも目の下にクマが発生しやすいのかと言いますと、皮膚の中でも特に目の下は、厚さ平均0.8ミリと皮膚が大変薄く、血流の悪さが目の下の皮膚から透けて見えてしまったり、メイクを落とす時の摩擦や色素沈着に弱いと考えられるからです。

【目の下のクマを改善する洗顔とスキンケアとは?】

目の下のクマは、体調や人相まで悪く見えてしまうと言われており、クマを解消して目元を明るくする事は、その人のイメージを大きく変える効果を期待できるのです。そして、どの様なクマであっても、総合的に良いとされる対策は、目の下のクマを解消する為の正しいスキンケア(クレンジング)を行う事と、食生活や生活習慣の見直しになってきます。その上で、初めて原因別のケアを徹底していく事により、クマはスッキリと解消されて目元がパッと明るく、若々しい印象に変化していきます。

具体的にどの様なスキンケアや生活習慣を行えば、クマがスッキリと解消されるのかと言いますと、メイクをした日には、アイメイクの汚れを残らずしっかりと落とし、目の下の乾燥を防ぐ為にも、たっぷりの保湿を心がける事が基本になります。メイクの落とし方は、クレンジングクリームやクレンジングオイル、ジェル等を使う場合でも、ごしごしと擦らない、汚れが浮いていない状態で無理矢理落とそうとしない事がコツになります。

そして、目元のメイクにウォータープルーフのマスカラやアイラインを使っている場合には、必ずウォータープルーフ専用のクレンジングを使いましょう。クレンジングはコットン等に含ませておき、目の上にそっと置いたら軽く押さえて、しばらくしてからゆっくりと拭き取ると、アイメイクが残らずスッキリと落ちます。(メーカーによって使用法が違いますので、メーカー別の説明に従って拭き取って下さい)

次に洗顔ですが、やはりここでもしっかりと洗顔料を泡立てておき、泡で包み込む様に優しく洗って下さい。目の回りの汚れを落とそうとゴシゴシ洗いをしてしまうと、摩擦により皮膚が自己防衛反応を起こし、メラニン色素が発生することで余計に目の回りが黒ずんでしまう原因になります。洗顔の際は目の周りをなるべく擦らない様に気を付けながら、指の腹と皮膚の間に泡を挟む様なイメージで丁寧に洗うことで、充分汚れを浮かし落とす事ができるでしょう。

洗顔の後には、汚れと同時に皮脂が落ちすぎてしまいがちですので、必ず肌が乾燥しないうちに、早めの保湿を行いましょう。保湿は化粧水の後に、乳液、クリーム、美容液等を使って行いますが、お肌が乾燥しやすい冬~春、皮脂の浮きやすい夏等、季節によって変わるお肌の状態を見ながら、油分と水分のバランスを考えて合わせて下さい。特に目の下は、皮膚のキメも細かく敏感な部分になりますので、茶グマの原因であるメラニンを発生させない様に、なるべく刺激が少なく保湿力に優れたものを使用するのがオススメです。

【蒸しタオル、ツボ押し、トレーニングで血流を促してクマやたるみを改善する】

寝不足や眼精疲労、ホルモンバランスの崩れが原因で起こりやすい青グマの場合には、血行不良による冷えがクマの原因となっている場合もありますので、メイク落としと洗顔の後に、蒸しタオルを使ったホットパックを行うのが青グマ対策に効果的です。目の周りを蒸しタオルでじっくりと温めた後に冷たいタオルで冷やす、これを数回繰り返す事で眼精疲労が解消され、目の回りの血行が促されます。睡眠不足の血行不良の場合にはしっかりと睡眠をとる事も大切ですが、応急措置として蒸しタオルによるホットパックを行うことで、血流が促されてぐっすりと眠れる様になったり、青クマも改善されるでしょう。

次に、クマと共に目元の悩みとして挙げられる目の下のたるみですが、これも目元の印象が重くなるだけでなく、年齢よりも老けて見えてしまうと言われています。まるで緞帳の様に目の下の皮膚がたるんでシワになってしまうと、目の周りの皮膚も一緒にたるんでしまうので、早めの改善が必要となってきます。目の周りの皮膚は「眼輪筋」と言う筋肉に支えられていますが、加齢によって筋肉が衰えると瞼もそれにつられて下に下がってしまい、目元全体がくたびれた様に見えてしまうのです。肥満により瞼に脂肪がついてしまった場合も、眼輪筋が脂肪を支えられなくなり目の下も同時にたるみ易くなります。

目の下のクマやたるみを改善する為の根本的な解決策として、眼輪筋を鍛える事が目元全体の引き上げとクマ対策に効果的ですので、眼輪筋の働きを促すツボ押しや、トレーニングを施して筋肉の働きを強化しましょう。まずは蒸しタオルで血行を良くした後に、眼輪筋を眉と上瞼の境目を親指で痛気持ち良い程度に押さえます。これだけでも眼輪筋の緊張がほぐれてリンパの流れが良くなります。眼輪筋のトレーニングは「両目を5秒程度しっかりとつむりパッと大きく見開く」「眩しい時に目を細める様にしてから緩める」「眼球をぐるぐると回す」等、道具等を何も使わずにできますので、空いた時間に行う習慣をつけておくと良いかもしれません。

【目の下のクマやたるみに効果的な食べ物は?】

目の下のクマやたるみを改善する為には、体の内側からのアプローチも重要になってきます。まず、クマやたるみの原因として考えられるのは、貧血や体の冷えによる血行不良や老化によるコラーゲンの減少、紫外線を浴びる事によって起こるビタミン不足です。これらは全て食べものによって補う事ができますので、目の下のクマやたるみに効果的な食べ物を、積極的に朝、昼、晩のメニューに取り入れて、体の内側と外側の両方からケアを行っていきましょう。

まず、目の下のたるみに、張りとツヤを取り戻す効果が期待できるとされており、コラーゲンを豊富に含む食べ物の代表と言えば、鶏の手羽先、軟骨、豚足、牛スジ、豚白モツ、すっぽん、フカヒレ、鮭の皮、うなぎになります。すっぽん、フカヒレ、うなぎは、なかなか普段から食事メニューとして取り入れるのが難しい高級食材ですが、お値打ちに食べられる鶏の手羽先や軟骨等は、食事メニューに是非取り入れてみましょう。そのまま普通に味付けされたものを食べるのも勿論良いのですが、そこにコラーゲンの吸収率を高める食べ物をプラスする事が、目の下のたるみを改善する効果を更に高めると言われています。

紫外線を浴びた肌に良いとされる、ビタミンCを含む食べ物は、特にコラーゲンを含む食べ物との相性が抜群です。実はビタミンCがコラーゲンの生成にも大きく関わっており、ビタミンCとコラーゲンの食べ合わせは最高と言われているのです。例えば、鶏の手羽先や軟骨のから揚げにレモンをかけて食べる方もいらっしゃるかと思いますが、これも利にかなった食べ合わせだと言うことがわかります。

ビタミンCと言えばレモンのイメージが強いですが、レモンはすっぱいのでたっぷり摂取する事が難しい食材でもあります。そこでオススメしたいのが、キウイフルーツ、柑橘類、イチゴになります。コラーゲンを含む食事メニューにビタミンC豊富なフルーツをデザートに加えるだけでも、コラーゲンを効率的に吸収できるメニューが完成します。デザートの中でもフルーツゼリーに関しては、ゼリーの部分が動物性のコラーゲンから作られている「ゼラチン」を使用したものがほとんどですので、忙しい時にはフルーツゼリーをデザートとして取り入れるだけでも、目の下のクマやたるみ改善には大変効果的です。

暑い季節でしたら、ビタミンCをたっぷりと含んだお野菜(パプリカ、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ)を、鶏のスープで味付けしたゼラチンと一緒にゼリー寄せにしても、見た目がカラフルで美しいだけでなく、コラーゲンとビタミンCを一緒に美味しく食べられるかと思います。

【目の下のクマ、たるみにサプリメントは効果的?】

ここ数年、飲むだけ手軽に美容や健康をサポートしてくれると評判なのがサプリメントになります。特にコラーゲン、ビタミン、鉄分等をを含んだサプリメントは、目の下のクマやたるみにも良いとされています。サプリメントを摂取するとクマやたるみが改善されるか?といえば、その効果は飲み方によっても違ってくると考えられます。例えば、睡眠不足や運動不足の状態でサプリメントを飲むよりも、きちんと睡眠をとり適度な運動を心掛けた上でサプリメントを飲んだ方が血液循環も良い状態になり、サプリメントの成分がより体の隅々まで浸透して、効果を感じられるでしょう。

クマやたるみにも良いと言われるマルチビタミンやコラーゲンを多く含んだサプリメントも、バランスの良い食生活の上で取り入れる方が、より効果を発揮してくれると考えられます。目の下のクマやたるみを改善するには、毎日の生活習慣を正し、食事メニューから基本の栄養素を取り入れる事が一番大切ですので、全てをサプリメントに期待すると言うよりも、サポート的な役割としてサプリメントを併用していくのが、良いかもしれません。

サプリメントは自然由来の成分が中心となり作られているものがほとんどですので、体に優しく副作用の心配が少ないと言われています。効き目は薬の様に強くありませんが、毎日飲み続ける事で効果を実感できるものになりますので、成分が自分の体や求めている効果に近いものなのか、長く続けられる金額や味であるかをしっかりと吟味して、チョイスしてみましょう。

マルチビタミンのサプリメントなら「ドクターズチョイス マルチビタミン&ミネラル 1日1粒」が1番です。ドクターズチョイスのマルチビタミンの原料はすべてオーガニックで、乳酸菌で発酵させることによって栄養価もアップしています。そしてよくある石油由来のマルチビタミンではなく最高級の天然オーガニックマルチビタミンなのです。石油由来のマルチビタミンで体にしっかり吸収されず尿が黄色くなるのでは意味がないです。

「ドクターズチョイス マルチビタミン&ミネラル 1日1粒」

【コンタクトレンズが原因でクマやたるみができる?】

最近では、コンタクトレンズを使用している方も多くいらっしゃるかと思いますが、コンタクトレンズを正しく使用しないと、目の下のクマやたるみの原因になってしまう事はご存知でしょうか?例えば、最近流行りのカラーコンタクトですが、おしゃれ感を演出したいと言う方にとって、なくてはならないアイテムとして若い方を中心に人気となっています。しかし、その一方ではカラーコンタクトを長時間使用する事により、ドライアイや眼精疲労を起こしてしまうと言われているのです。

視力が悪くない方がカラーコンタクトを使用する場合には、視力検査がいりませんので、ついつい面倒な眼科の検診を省いてしまう傾向にあるようです。そこで、手軽なネット通販やディスカウントショップ、雑貨店等の激安価格のカラーコンタクトを購入される方ケースも増えています。本来であれば眼科検診を受けた方のみに販売されていた筈のカラーコンタクトが、とこでも手軽に手に入れる事ができる様になってしまった事で、コンタクトレンズの使用方法を間違い、目のトラブルも増加していると考えられます。

カラーコンタクトの主なトラブルとは、使用時間を守らなかったり、洗浄を怠ってそのまま装着してしまう為に起こる雑菌による炎症、装着したまま眠ってしまう、サイズの合わないコンタクトの使用と言った、ちょっとした油断やコンタクトの選択ミスで発生しています。コンタクトを使用していて、最近目の周りが疲れやすくなったと言う方は、特に注意が必要です。コンタクトをしていて、眼精疲労や炎症を起こしてしまうと、目の下のクマやたるみの原因になってしまいますので、カラーコンタクトを使用する場合には、必ず眼科で診断を受けた上で選ぶようにしましょう。

【目の下のクマ、たるみは表情の癖や、スマホの見過ぎで発生してしまう】

目の下のクマやたるみができる原因として、その方が持つ表情の癖によって発生してしまう場合があります。例えば、いつも下を向いて作業をしていると、表情筋と呼ばれる筋肉が下に垂れ下がります。若いうちは下を向いていても、皮膚のたるみは元に戻りますのであまり気にならないと思いますが、年齢を重ねる事に表情筋も衰えてきますので、筋肉で皮膚を支えられなくなってしまうと、老化が更に早まってしまうのです。また、下を向いてばかりいるとストレートネックになったり、慢性的な肩こりや腰痛により血液の流れも悪くなりますので、クマの原因にもなってしまうのです。

長時間、スマホやタブレット等でSNSやゲーム、ネットサーフィンに夢中になり、顔が急に老け込んでしまう現象は、現代病とも言われる「スマホ老化」と呼ばれ、若い人でもこの症状に悩んでいる方は日々増加しているのです。毎日何時間も下を向いてスマホをいじっていると、それが習慣となり急にやめることが難しくなると言われており、やがて皮膚が下がったままの形で癖になるだけでなく、目の下も垂れ下がった状態でシワが固定されて、驚くほど老化が進んでしまうのです。

スマホ老化により、皮膚が垂れ下がるだけではありません。スマホのブルーライトを長時間浴びる事で、目も悪くなってしまいますし、自律神経が乱れてしまうこともあります。スマホの使いすぎによる目の下のたるみを改善する為には、スマホをいじる時間を大幅に減らす必要があります。そして、スマホ画面にはブルーライトをカットするシートを貼ったり、ブルーライトをカットしてくれるメガネを利用して、なるべく目が疲れ無いようにしましょう。スマホを使う時の姿勢も背筋をなるべく伸ばす様に心がけ、猫背にならない様に気をつける事が、目の下のたるみを予防してスマホ老化からも皮膚を守ってくれるでしょう。

【目の下のクマやたるみを改善するエステとは?】

目の下のクマやたるみを改善したいけど、自分で行う暇が無い、めんどくさいと言う場合にエステサロンでのケアをお考えになる方もいらっしゃるかと思います。エステサロンでは、その人の体や顔の悩みに合わせた施術方法で、マッサージや機械を使って専門的なアプローチをかけてくれますので、短期間に悩みが解消される、暇が無くても楽に綺麗になれると、幅広い年齢層の方から支持されています。しかしエステサロンによって施術方法も違いますし、それにかかる費用もバラバラです。

現在、目の下のケアだけを専門に行っているエステサロンはまだまだ少ない印象ですが、目元ケアやたるみのを引き上げをコースメニューとして取り入れているエステサロンは多くあります。しかも、目元ケアはエステの範囲が小さい事から、大変リーズナブルな金額で施術を受けられるキャンペーンを行っているエステサロンもありますので、クマやたるみをエステで改善したいと考えているなら、キャンペーン価格で受けられるエステサロンを予約されるのが良いかも知れません。

また、サロンによっては、体質改善と体の内側からのデトックスを目指して、むくみやたるみを解消する方法をとっているサロンもあります。今やサロンで行うのはエステのみならず、普段からの生活習慣や食生活の問題点を探り、スケジュールを組んでもらえるのが嬉しい点です。自己管理が苦手な方や、不摂生や夜更かしをしがちな方は、カウンセリングの段階でご自分の生活習慣をスタッフに話しておき、クマやたるみの原因を徹底的に究明してもらった上でエステを受ける事をおすすめです。

【美容器具を使って目元をスッキリさせる】

これまで様々な目元ケアの方法を説明してきましたが、若々しい目元を作るのに、毎日の生活習慣がいかに大切であるかをお分り頂けたかと思います。そして、目元美人になる為には、習慣的に自宅でのセルフエステやマッサージを行う事も大切です。しかし、ご自分で毎日の様にセルフエステを行うのは大変ですので、そんな時には手軽に手に入る美容器具を使って、セルフエステを行うのがおすすめです。

最近では、電気を使わずどこでも使用できるゲルマニウムローラーや、プラチナローラーが大流行しましたが、目の下の血行を促したりリンパの流れを良くして、目元をすっきりとさせるのにはぴったりの美容器具かと思います。お風呂上がりや洗顔の後に、美容器具を使い眼輪筋のコリをほぐしたり目元をマッサージする事は、顔全体の血流を良くして肌を艶やかにする効果も期待できますので、是非行ってみましょう。

目の下の皮膚は大変薄くデリケートな部分になりますので、器具を使う場合には注意が必要です。使用する時間を1日5分~15分と決めて、毎日では無く週に2~3回程度使用するのがベストかもしれません。美容器具は、毎日使用すれば綺麗になれると思われがちですが、肌にはターンオーバーと言って表皮が生まれ変わる周期があります。この周期にむやみやたらに美容器具を使用してしまうと、逆にお肌を傷めつけてしまいますので、週に2~3回と頃合いを見てマッサージを行ってください。

【目元美人は1日にしてならず】

目元は第1印象を決める重要なパーツと言われています「目は口程にものを言う」と言うことわざがあるように、目元の印象だけで、その人の年齢や生活が分かってしまうと言っても過言ではありません。目の下にクマやたるみがあれば、それだけでくたびれている様に感じてしまいますし、性格が暗く見えたり人相もが悪く見えてしまうこともあります。そう言った意味でも、目元美人である事は自分の人生においても沢山の得があると考えても良いでしょう。

人気の女優さんやファッションモデルさんを見ていても、やはり目元美人は沢山の方から人気がありますし、とても明るくてキュートな方が多いですよね。元々目元がすっきりとしている美人さんでも、疲れている時こそリラックスタイムに毎日のケアが欠かせないといいます。普段からパッチリとした美しい目元を目指すには、毎日何か1つでも自分にできる無理のないケアを行う事が大切です。

仕事やプライベートで忙しく、難しい事が苦手と言う方であっても、スマホを少しお休みしたり、睡眠時間をいつもより多く取る事は可能だと思いますし、マッサージまでは無理だとしても、空いた時間に目の周りを軽く押さえてツボを押すだけでもいいのです。目の下のクマやたるみは、複合的な理由から発生していますので、空いた時間に様々な角度からのアプローチを行うのがオススメです。

また、目元美人を目指すには、長く続けられる自分だけの簡単な習慣を身につけておきましょう。目元のクマやたるみが気になるからと言って、同時に様々な改善方法を試す事は、デリケートな目の下の皮膚を痛めてしまいますし、毎日の継続も難しくなってきます。それよりも、何か目元に良いことを見つけて、無理なく続ける事ができれば、クマやたるみも自然に予防できますし、印象の良い美しく明るい目元をキープし続けられる事でしょう。

最後に目の下のクマを根本からスッキリ改善する方法をご紹介します。

それは「目の下のクマで悩まない!たるみやシワも改善!目元美人を叶える方法」です。

高品質な自然派原料!」食後の血糖値上昇をブロック!
炭水化物と糖の吸収を強力にブロック!
更に糖・脂質の代謝を促進!
炭水化物の摂取を「なかったことに」する!
炭水化物ブロッカー フェーズ2プラス

ミトコンドリアに「脂肪を運ぶから燃焼」される!
脂肪を運ぶのはL-カルニチン!
世界で唯一の「天然高純度100%安全」L-カルニチン
ドクターズチョイス L-カルニチン500mg

薬膳レベル」の最高のスーパーフードで元気
スプーン1杯で「6皿分」のオーガニック野菜
ドクターズチョイス プレミアムスーパーフード

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

No commented yet.

  1. […] 特に無意識のうちの相手の目、目の周辺を見たりしているので「目の下のクマ」を改善しないで放置しておくことは自分にとっても大きなマイナスになります。 […]

  2. […] 特に無意識のうちの相手の目、目の周辺を見たりしているので「目の下のクマ」を改善しないで放置しておくことは自分にとっても大きなマイナスになります。 […]

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)