ごはんを控えめに!人気のローカーボダイエット(低炭水化物ダイエット)の方法

ごはんを控えめに!人気のローカーボダイエット(低炭水化物ダイエット)の方法

ネットでも人気のダイエット方法である「ローカーボダイエット(低炭水化物ダイエット)」。
人気というわりには聞いた事がないという方も多くいらっしゃると思います。

日本では「低炭水化物ダイエット」と言った方が有名ですね。
実は他にはアトキンスダイエット法という呼ばれ方もあるのですが、この3つのダイエット方法は呼び方が違うだけでダイエット方法は全て同じものとなります。

元々ローカーボダイエットは海外で生まれたダイエット方法になります。
ロバート・アトキンス博士がこのローカーボダイエットを考案し、日本で有名になる前にはハリウッド女優達の間で効果があると人気のダイエット方法の一つでした。

魅力としてはやはりカロリーを気にせず肉類を食べて良いというところや、完全な炭水化物抜きダイエットとは違いごはんを少量食べられる、更にそれでもちゃんと痩せる、というところが人気の秘訣でしょう。

ただ単に炭水化物を少なくするという訳ではないのでしっかりローカーボダイエットの方法を確認しながら始めていきましょう。

【ビューティ&ヘルスリサーチ】 自宅でできる断食セット5日分

スプーン一杯でなんと!!
6皿分のアンチエイジング効果のある
オーガニック野菜を摂取できるプレミアムスーパーフード

1,まず最初の2週間は炭水化物を1日20gまでに抑えるようにしましょう。

2週間炭水化物を減らす事で、体の中に残っている炭水化物エネルギーを消費する事が出来ます。
イメージ的にはダイエットのための体の準備と考えてた方がわかりやすいと思います。

なぜ体の中の炭水化物を消費しなければいけないのかと言うと、そうする事でローカーボダイエットには重要な働きをしてくれる脂肪を分解してくれるモードに体が切り替わってくれるからです。

体の中で脂肪を分解する力が働き始めると、体重は1日に最高1kgも減るという嬉しい変化を得る事が出来ます。
もちろん個人差がありますので1日100g程度しか減らないという方もいらっしゃいます。
それでもこの段階で多かれ少なかれ体重減量の変化が起き始めます。

この時期の食事は肉類、魚類、卵、チーズ、大豆、納豆、海藻、野菜(根菜類を除く)がオススメになります。

基本的に炭水化物をあまり含まないものや、加工食品、お菓子、揚げ物等は食べないようにしましょう。
アルコールも禁止です。

その他の注意としては水分をよく摂ること。
頭痛や脱水症状を起こす方もいらっしゃいますので、症状が出た場合はダイエットを中止するようにしましょう。
特に激しい運動や仕事をするような方は控えましょう。

2,自分の体はどれくらい炭水化物を摂ったら体重が増え始めるか知る。

野菜や果物とは言っても全部が食べて良いわけではありません。体重が減ってきたら炭水化物を少し増やした食事にしましょう。
野菜や果物を食べながら毎日5gずつ、1日40g前後を目安に摂取していきます。

オススメは食物繊維を多く含んだもの。葉物の野菜やオレンジ等の柑橘系、イチゴ等のベリー系が好ましいです。

間違ってもケーキやラーメン等の炭水化物が大量に含まれている食べ物は食べないようにして下さい。

こうして少しずつ炭水化物を摂取していくと、ある日体重が減らなくなったり増えたりし始めます。

体重がまた増えてしまったからと言って、ここで焦る必要はありません。ご安心下さい。

どの程度炭水化物を摂取したら自分は体重が増えてしまうのかをこの段階で知る事が出来ます。

ここでわかった自分に合う一日の炭水化物量を元に更にダイエットを進めていくことになります。

【ビューティ&ヘルスリサーチ】 自宅でできる断食セット5日分

スプーン一杯でなんと!!
6皿分のアンチエイジング効果のある
オーガニック野菜を摂取できるプレミアムスーパーフード

3,炭水化物の量と体重を毎日しっかりチェックする。

目標体重に近づいてきたと思ったら炭水化物の摂取量を2でわかった、自分に合った炭水化物量まで少しずつ増やしていき体重を安定させていきましょう。もう一度1の段階に戻して炭水化物の摂取を控えた食生活をしていきます。
そうしていくうちに段々と目標体重に近づいていきますのでそこからがまた大切になっていきます。

そして目標体重に到達したら炭水化物量を増加しない程度の量でキープして下さい。
食事は和食をメインにすると良いでしょう。
しかし白米はあまり良くないのでごはんは玄米をメインに。

以上がローカーボダイエットの方法となりますが、改めて見てみるとご飯が主食の日本人にはなかなか難しいダイエットですよね。
ローカーボダイエットを長期的に続けていくのが難しいという方もいらっしゃると思います。

そういう方は細かく数字を考えずに炭水化物をいつもより減らして和食中心の食生活を心掛けてみるのが良いでしょう。

このダイエットを簡単に言い換えると「炭水化物を減らせば痩せる」と言う事です。

なので細かく考えるよりも自分に無理のない範囲で、炭水化物を減らした生活をしてみましょう。
夜は白米等の炭水化物を摂らない。という方法でもちゃんとダイエットに繋がっていきます。

あと、エリート医師が確立したダイエット法である【荒木式】断糖肉食ダイエットなら、あなたも成功できると思います。

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)