2~3日便秘で便が出なかったらガンの危険信号?あなたは便秘の恐ろしさを知っていますか?

2~3日便秘で便が出なかったらガンの危険信号?あなたは便秘の恐ろしさを知っていますか?

「最近、便秘気味?」それは立派な便秘かも

女性同士で「最近便秘気味なんだよね」とか「私も2日出てないから便秘気味かも…」と、とても軽い口調で談笑しているのを耳にする事がありますが「便秘気味」と言っている人のほとんどが立派な「便秘」であり、この便秘を改善する為に、真っ正面から立ち向かって無いと言われています。

便秘気味と言う人は、どの様な基準で「気味」と言っているのでしょうか。まずは便秘の定義を見てみましょう。

「日本消化器病学会」からの引用は以下になります。

便秘症では排便が数日に1回程度に減少し、排便間隔不規則で便の水分含有量が低下している状態(硬便)を指しますが、明確な定義があるわけではありません。排便習慣は個人差が大きく、毎日排便があっても硬便や排便困難を感じる場合もあるし、排便が2〜3日に1回で、便が硬くても軟らかくても何の苦痛感を感じない場合もあります。問題となるのは排便困難や腹部膨満感など症状を伴う便通異常=「便秘症」です。

引用元:医学用語集|用語集|一般のみなさまへ|日本消化器病学会

次に「Wikipedia」からの引用は以下になります。

明確な定義は無く症状が患者の主観によるため定量化が難しく[2]、定義は学会や国により異なる。

引用元:便秘 – Wikipedia

定義は学会や国により異なりますが、健康なのは毎日排便を行えることです。

女性の場合は特に、便が出ないと言う事は不潔な印象を持つ為、かなり重い症状にならないと人に相談しなかったり、認めたく無いと言う気持ちから、便秘をほったらかしにしてしまう傾向にありますので、少しでも症状に思い当たるふしがあれば、便秘である事を自覚して、改善される事をおすすめします。

たった2〜3日便が出ないだけで、ガンのリスクが高まるってホント?

多くの方が、2〜3日便が出ないと言う経験をしたことがあるかと思いますが、そこまで深刻に捉えなかったのではないでしょうか?2〜3日と言えば、旅行に出掛けているうちにトイレに行くタイミングを失った、体調を崩してあまり便意を感じなかったと言った理由で、簡単に起こりうるからです。

しかし、そこからすんなりといつもの排便の回数に戻れば問題は無いのですが、たった1回や2回、排便のペースが狂うだけで、なんと体はそのサイクルを直ぐに受け入れてしまうのです。海外旅行に出掛けた時、時差ボケになりながらも1日経過すれば外国の時間に慣れてしまうのと同じで、人間の体はとてもデリケートにできているのです。

もしも、排便がしばらくなければ、腸がぜん動運動を怠けてしまい、便意をもよおす事もしばらくは無くなってしまいます。そして、古くなった便が腸に溜まって、そこで動かなくなってしまいます。便が留まった場所には更に新しい便が蓄積されて、そこから発生した毒素や悪玉菌により大腸ガンのリスクがぐんと高まるのです。

合わせて以下の引用文も読んでみて下さい。

6日以上の便秘では大腸がんのリスクが増加
女性では、「毎日便通がある」と答えた人に比べて、「2-3日おき」と回答した人は大腸がんおよび結腸がんに罹るリスクが3割低く、一方、「6日おきかそれ以上」と答えた人は、大腸がん、結腸がんのリスクが2.5倍高いという結果になりました。

引用元:研究成果の紹介

他にも危険だらけの便秘

便秘により、大腸ガンのリスクが高まるだけでなく、なんと固まった便により、腸がその圧力に耐えられなくなり破けてしまうことがあるのです。腸が破けるなんてにわかに信じられないかもしれませんが、実際にそれで人が亡くなっているのです。

また、腸はいくら伸縮性があるといっても細く長いものです。腸詰めのソーセージを想像すればわかりますが、中身を詰めながら途中を指で押さえれば、行き場を失った中身のせいで腸はパンパンに膨らみますよね?最終的には、中身が逆流したり破けたりします。これが恐ろしい腸閉塞や腸破裂なのです。

便秘になる事で、繊細な腸の粘膜にはがんが発生するだけでなく、他にも大変恐ろしい症状を引き起こしてしまいます。便秘は100害あって一利無し、直ぐに解消する為に対策を行って下さい。

便秘には乳酸菌やサプリメントに便秘薬?

便秘には乳酸菌とまるで常識の様に進めるCM等を見たことがある方も多いかと思いますが、この刷り込みにより、効果の無い便秘解消法に随分、時間とお金とつぎ込んでしまった方も多いかと思います。

乳酸菌でお腹の調子を整えたり、腸内環境を良くする事は間違ってはいませんが、確実に便秘を改善できるかと言えば、目的が違うかもしれません。こういった製品を製造している会社は、飲み続けてもらう事で、効果を期待してもらいたいと言う意図がありますので、これが確実な便秘改善効果のある方法とは言い難いのです。

また、便秘薬に至っては薬で腸に刺激を与えて、腸のぜん動運動をさせるものであり、本当に自分の力で便意をもよおして出すのとは全く違った効果になります。便秘薬が怖いのは、便秘薬を飲まなければ便意が起きなくなってしまう事です。やがて腸はその刺激によってサボり出し、自力での排便はますます遠退いていくのです。

自力で便を出したいなら読み進めて下さい!

自分の力でスッキリと便をしたくありませんか?人間にとって、当たり前に食べて出す事が出来なくなってしまうのは、本当に悲しい事です。薬に頼る生活は自分の持っている力を退化させるだけでなく、人間らしさを失ってしまう事だと気が付きましょう。

本気で便秘を改善したい人は薬やサプリメント等に頼る事無く、便秘を克服して生き生きとした生活を謳歌しています。その秘密を知りたいと言う方は「ところてん方式ダイエット」便秘改善プログラムを読んでみてください。

このプログラムには、実際に重い便秘に苦しんだ作者が、確実に効果を出せる方法のみが記されています。勿論長年の便秘人生で失敗も経験しています。しかし、そんな失敗はこのプログラムをこれから実践される方には、必要ありません。それは作者が全て経験して終わったのです。便秘に苦しむ方は「完璧な便秘改善プログラム」をやり切れば、確実に副作用も無く安全な方法で便秘を立ち切る事ができます。まずは第一歩を踏み出してみてください。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム

もう1つ「ドクターズチョイス プレミアムスーパーフード」は、便秘改善も期待できます。ナチュラルでオーガニックな野菜から本来の栄養をそのまま摂取したい本物志向の方におすすめです。

ドクターズチョイス プレミアムスーパーフード

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ