本当は怖い便秘の話。便がつまる場所は癌の発生場所だった。

癌になる確率を知っていますか?

親戚や知り合いの方が癌になったという話を全く聞いた事がない人っているのでしょうか?「祖父は癌で亡くなってしまった。」「知り合いが癌で通院してるの。」など、芸能界でも私達の身の周りでも、「癌」という言葉を耳にする機会は何回もあります。昔は癌という言葉はあまり馴染みがなく、結核などが死亡理由のトップでした。しかし昭和55年頃から、癌が死亡理由のトップとなりました。そして、今でもそのトップは譲っていません。
そこで問題なのですが、日本で癌になる確率はどのくらいあるか知っていますか?50人に1人?10人に1人ぐらい?いいえ。全く違います。実は、2人に1人の確率で癌になる可能性があるんです。そして、癌で亡くなる確率は3人に1人です。言い直すと、夫婦のどちらかが癌になる、兄弟の誰かが癌になるという確率です。
大腸がんは癌の中でも増加中の癌です。そこで大腸がんについて取り上げてみます。

大腸がんになる確率は?

では大腸がんの患者はどのぐらいいるのかというと、2011年では男女合わせて12万人と言われいました。大腸がんは増加傾向にあるので、2016年はもう少し患者が増えているかもしれません。日本の人口は1億人ほどです。そのうちの12万人と聞くと少なく感じるかもしれませんが、1億人の中には子供や赤ちゃんも含まれます。そのため、成人だけを見たり大腸がんが発生しやすい40代以降の年齢の人の人口を見ると、14万人は決して少ない患者ではありません。何が言いたいのかというと、大腸がんは身近に迫ってきているかもしれないという事です。そして、がん予防のためには便秘解消がキーワードになってきます。

便秘になる確率とは?

大腸がんの確率が分かったら、次は便秘になる確率です。便秘で悩んでいる人は、どのくらいいるのでしょうか。
女性誌の読者を対象にした調査だと、女性の73パーセントが便秘に悩んでいるという結果があります。便秘に悩む人というのは多く、誰もが便秘を経験した事があるのではないでしょうか。そして、女性だけではなくて男性も便秘に悩んでいます。その便秘が、大腸がんの原因にもなりうるのです。次の章から、便秘と大腸がんについて詳しく見ていきましょう。

便秘と大腸がんの関係。

なぜ便秘と大腸がんが関係あるのかというと、便に含まれる発ガン性物質に原因があります。便は消化されないものが塊となって排出されるものです。便には体が不要なものや、有害物質が含まれています。その中には、癌を誘発する発ガン性物質も含まれます。便秘は体内の便がでない状態になるもので、発ガン性物質が体内に長くいる事になります。そして、それが腸という粘膜に触れている事で癌細胞ができやすくなるのです。だから便がつまる場所は、癌ができやすくなるというカラクリです。
また、大腸がんの原因である運動不足や生活習慣の乱れは、便秘のもととなります。そのため、便秘をしない事が大腸がん予防にもなるのです。

便秘を制する者は癌を制する!

では便秘にならないためにどうすれば良いのかというと、野菜を積極的にとる、飲酒喫煙は控える、ヨーグルトを食べるなど色々な方法があります。しかし、それでも便秘が治らないというならば、「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムを見てみてください。便秘を根本から解決するのを目指しているので、きっとあなたの便秘が治って大腸がんのリスクが低くなる事でしょう。便秘薬などの薬は、最初は便秘を解消できても薬が効かなくなる事もあります。
大腸がんの初期症状は、便秘のように排便に悩むというものがあります。便秘だと思ったら大腸がんだったという事がないようにしたいですよね。

 

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ