便秘は放っておくと死につながります。心霊現象よりも怖い腸閉塞。

【心霊現象よりも怖い便秘の話をしましょう。】
もうすぐ夏で、怖い話が聞きたくなる季節がやってきますよね。身の毛もよだつような話は背筋が凍り、夏の涼となります。そこで怖い話をしましょう。だけども、怖い話は心霊の話でも、都市伝説の話でもありません。便秘の話です。えっ?便秘?と気軽に考えてはいけません。便秘でも死につながる痛みがあり、実際に死んでしまった方もいます。なぜ死んでしまったのかというと、腸閉塞という病気になってしまったからです。腸閉塞とはなにか、本当にあった話で便秘の人ならありえる怖い話をしていきましょう。これは決して他人事の話ではありません。そして、便秘を甘くみないようにしましょう。
【便を掻き出すほどの苦しみ。死亡例】
1980年代の事です。ある20代の会社員の女性が亡くなりました。彼女は2日前まで会社に出勤していて、亡くなったのは休日でした。亡くなった場所は自宅のトイレです。不審に思った家族が死亡解剖を依頼した結果、女性の腸から6.7キロの便が出てきました。真っ黒のコンクリートのように固まった便は、水分が全く含まれていませんでした。目は充血しており、指には便がついていました。恐らく彼女は、便秘によって酷い腹痛があって便を掻き出そうとしたのではないかというのが解剖によって分かりました。
また、彼女のお腹は臨月の妊婦のように膨らんでおり、ガスが体内に溜まっていました。そして、彼女は8週間も便が出ておらず、亡くなった日は食事もできずに寝ては起きての繰り返しだったそうです。そして腹痛を家族に訴えていたそうで、その日に亡くなってしまいました。
【腸閉塞とは?】
彼女の死因は腸閉塞だという結論になりました。普通、食べ物は口から食べて消化されていき、腸、肛門へと排出されていきます。しかし、なんからの原因で腸が詰まって行き詰まってしまったのが腸閉塞です。
その原因は、腸がねじれてしまったり、ヘルニアだったりという原因もありますが、便秘という原因もあります。便秘で便が外へ行かず、体内に溜まってしまってどんどん蓄積され、食べ物すら受けつかなくなってしまうのが死亡へとつながります。激しい腹痛を起こし、嘔吐も症状にあります。
腸閉塞は芸能人も経験しており、亡くなってしまった方もいます。決して他人事ではないのです。
【どうすれば良かった?】
腸閉塞の死亡率は、6〜7パーセントと低い数字です。そのため、死亡してしまった女性も早い段階で対処していれば、まだ生きていた可能性は十分にあります。女性がもし腹痛を訴えて病院を受診していれば、腸閉塞と診断されて治療も可能だったでしょう。
腸閉塞の治療は、まず絶食して体内にこれ以上のモノを入れない事から始まります。そして、体内に入ったものを鼻のチューブから外へ排泄します。腸が少しずつ収まってきて膨張しなくなれば、腸閉塞は収まってきます。お腹を切り開いて手術するのは、腸がねじれるといった緊急を要する時だけです。お腹を切り開いてしまうと、腸が癒着して腸閉塞を再発しやすいからです。
【死亡してしまう前に。】
亡くなった女性に関しては、ご冥福を祈るばかりです。もし病院を受診していれば…と後悔ばかり浮かんできます。
その女性の死亡から、決して便秘を甘くみてはいけないというのがよく分かると思います。1990年代と言えば、もう科学が進歩している時代です。それなのに助かる命が亡くなってしまったのは、なんとも言い難いです。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムは、便秘で悩む人のプログラムです。酷い便秘を抱えている、便秘を繰り返しているという人は、腸閉塞になりうる事を知って便秘を改善していきましょう。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ