ひどい便秘が原因で腸に穴があく。死をも覚悟する大腸穿孔とは?

【大腸穿孔とは?】
大腸穿孔(だいちょうせんこう)の前に、穿孔とはどういう意味なのか説明します。
穿孔とは穴があくという意味ですが、固いものに穴があくという意味合いがあります。ドリルであけるなど、普段は穴があかないものをあけます。
大腸穿孔とは、大腸に穴があくという意味です。想像できると思いますが、大腸は滅多な事がないと穴はあきません。何層も壁があるからです。それが穴があいてしまうという事は、とてつもない力が大腸にかかったという事です。その力は十二指腸潰瘍であったりです。また、便秘でも大腸の壁に穴があいてしまう事もあります。
【亡くなった方の例】
ある女性は、便秘の腹痛で病院を受診しました。そこで浣腸をしてもらいましたが、翌日になって心臓発作で死亡しました。
原因は、お腹にガスが溜まって腸から漏れていたためです。そこに浣腸をすると、浣腸は圧力をかけるため腸に穴があきやすくなります。どこまでそのガスが漏れていたのが分かったのかは私は判断ができませんが、なんにせよガス漏れが大腸穿孔のきっかけで、浣腸がそれを進めさせてしまったという結果になりました。
【一命をとりとめた例】
ある女性は、便秘で腹痛がすると医者を受診しました。しかし、医師は便が出やすくなる薬を処方するだけでした。この時点で、便が腸にあって詰まっていると医師は診断しています。手術しなかったのは、お腹を切り開いて便を出すと腸が癒着してまた詰まりやすくなるからではないかと思います。
腹痛が治らずに帰宅しましたが、激痛のために救急外来を受診しました。そこでもなかなか手術とならず、腹痛は腰の痛みへと変わっていきます。そして、ついに大腸穿孔と診断されました。腸に穴があき、便が体内に流れ出てしまうという最悪な結末を迎えようとしていました。便には有害物質が含まれているので、それで感染症を引き起こす事もあります。死をも覚悟して手術し、やっと腹痛は収まりました。医師の診察から約15時間後に手術し、その間はずっと腹痛に苦しんでいました。一命はとりとめたものの、死に直面した体験談でした。
【2つの例で分かる事とは。】
大腸穿孔で命を亡くしたにしろ、一命をとりとめたにしろ、2つの例で分かるのは便秘を軽く見ていたという事と、医師が診断したのに大腸穿孔になってしまったという点です。便秘で診断されれば、便を出す薬や浣腸をするのが一般的な治療法です。きちんと患者として病院に行き、処置までしてもらったのに大腸穿孔にはなりえます。
また、一命をとりとめた方は、以前にも便秘で診察を受けていた経験があるそうです。その時に浣腸をして便秘が改善したため、今回も浣腸してもらえばいいかと便秘を気楽に考えていたそうです。
大腸穿孔になると手術しないといけなく、自然治癒はできません。そうならないために、便秘を予防する事から始めましょう。
【「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムで死の危機を救う。】
近年の食事は、欧米風のものが多いです。ハンバーガーやピザなど、野菜をあまり摂取できずにいると、食物繊維がとれません。そのため、便秘を回復するにはまずは食生活の見直しが大事です。しかし、それでも便秘が治らなければ「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムを実践してみてはどうでしょうか?便秘薬に頼り過ぎると、腸が余計に働くなってしまいます。そのため、このプログラムで自分で便秘を治癒する力を身につけていきましょう。
穿孔は腸だけでなく、胃にもなります。しかし、胃には胃酸があって感染を防いでくれます。しかし腸にはなにも感染から守るものがないので、大腸穿孔にならないのが大事です。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ