中年おやじでもできる糖質制限ダイエット(2ヶ月分)

便秘薬飲まないと便が出ない。それでは漢方薬はどう?

便秘薬がダメな理由とは

便秘には便秘薬という薬がありますよね。その薬を服用すると、すぐに便は出てきます。薬の効果は強いため、便秘薬を飲んだら電車にも乗れないというぐらい便秘には強い味方です。
しかし、便秘薬は使い続けていくと効果が薄れてしまいます。薬が弱くなるのではなく、腸が薬に強くなってしまうのです。便秘薬は腸に刺激を与えて蠕動(ぜんどう)運動をさせます。蠕動運動とは、腸が便を出すための運動です。それを刺激させれば、腸に便があるならばすぐに便はでます。しかし刺激はあくまでも刺激で、刺激になれるともっと強い刺激が欲しくなります。そして刺激され続けた腸は、大腸メラノーシスといって色素沈着が起こり、真っ黒になります。
便秘薬は確かに効果があるけども、使い過ぎてはいけないというデメリットがあります。だから便秘薬がダメなのです。

漢方薬とは?西洋医学との違い

便秘薬がダメならば、漢方薬はどうなんだろうか‥と、慢性的な便秘の人は藁にもすがる思いだと思います。漢方薬と一般的に言われている薬は、東洋医学と西洋医学の違いがあります。その違いを大雑把に言うならば、東洋医学は体全体の乱れを治して便秘を治していきます。血の巡りを大切に考えており、冷え性でもなんでも、まずは血の巡りを見ていきます。それに比べて西洋医学は、症状がある一部分を切り取って治療していきます。便秘ならば、便がある腸を見て薬を処方していくのです。また、漢方薬では自然の植物などを利用した薬を、西洋医学では化学が産み出した薬を利用します。

漢方薬に利用される植物とは?漢方薬ならば安心して服用し続けられる?

「漢方薬は自然の植物からできた薬ならば、便秘薬のようにずっと服用しても大丈夫そう…。」と思いがちではないでしょうか?だけども、それは間違った考え方です。その理由は、漢方薬でも西洋医学が産み出した便秘薬でも、便秘に効く成分は一緒だからです。
漢方で利用されるのは、アロエやセンナ、大黄などです。センナは黄色い花を咲かせる植物で、センナ茶などにも利用されます。大黄は根に便秘に効く効果があり、食用としても利用されます。アロエは一般的によく知られている食物なので、説明は省略します。
漢方は植物からできている薬ではありますが、服用し続けると大腸メラノーシスを引き起こすのは一般的な西洋医学の薬と一緒です。

漢方のデメリットとは?

自然の植物からできている薬が漢方なので、一見すると体に優しいイメージがありますが、漢方は体に優しいとは限りません。確かに一般的な薬は妊婦さんNGに対し、漢方は飲んでも大丈夫だとは言われていますが、自然の植物ゆえに効果が強かったり、薬なのだから多くの漢方薬に副作用はあります。そのため、サプリメントのように自由に飲んでいいというわけではありません。最近は健康ブームなので便秘にも漢方薬を取り入れていこうという考え方は良いのですが、漢方だから安心というわけではないのを知っておきましょう。

漢方よりも安心な「ところてん方式ダイエット」

一般的な薬も漢方薬も使い続けると大腸メラノーシスになってしまうならば、便秘薬を飲まないで便を出す方法はあるのだろうか…と途方に暮れてしまうのはちょっと待って下さい。慢性的な便秘でも、短期間で効果が現れる方法があります。それが 「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムです。この便秘克服プログラムは、便秘薬を利用しないで慢性的な便秘を治していくという便秘に特化したプログラムです。便秘薬も漢方薬も必要なく、自分の力で便を出します。そのためには便秘を詳しく知るという事から始まります。

 

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム

ダイエットの常識破壊

毎日、お肉を「好きなだけ食べて」痩せませんか?

↓ 詳しくは ↓

高品質な自然派原料!」食後の血糖値上昇をブロック!
炭水化物と糖の吸収を強力にブロック!
更に糖・脂質の代謝を促進!
炭水化物の摂取を「なかったことに」する!
炭水化物ブロッカー フェーズ2プラス

ミトコンドリアに「脂肪を運ぶから燃焼」される!
脂肪を運ぶのはL-カルニチン!
世界で唯一の「天然高純度100%安全」L-カルニチン
ドクターズチョイス L-カルニチン500mg

薬膳レベル」の最高のスーパーフードで元気
スプーン1杯で「6皿分」のオーガニック野菜
ドクターズチョイス プレミアムスーパーフード