「自然の動物」を真似ると便秘は改善できる!野性動物が便秘をしないのはなぜ?

「自然の動物」を真似ると便秘は改善できる!野性動物が便秘をしないのはなぜ?

便秘をするのは人間とペットだけ

便秘をする動物は、人間以外にいると思いますか?そうやって質問すると、うーん…いるのかな?と考えてしまいますよね。答えは、便秘をする動物はいます。

しかし、それは人間に飼われたペットだけです。飼われた猿は便秘になり得ますが、野生の猿は便秘をしません。ジャイアントパンダは、赤ちゃんの時にまだ未熟で上手く尿を出すために母パンダがお尻を刺激してあげますが、成長と共に排泄が上手くいきます。

なぜ野生動物は便秘をしないのかというのを探っていくと、便秘改善方法が分かってきます。今回は、野生動物先生に便秘の事を色々と学んでみましょう。

野生動物は動き回るから便秘しない

なぜ野生動物が便秘をしないのかというと、その大きな理由は運動にあります。野生動物は、食べ物を探すために歩き回ります。足を使って歩いたり、体をひねったりするのは腸に良い刺激となります。腸の蠕動運動になり、排便しやすくなります。

人間も、運動は便秘改善に効果的だと言われていますよね。運動が効果的だと言われるのは、腸の蠕動運動を促すからです。野生動物のように食べ物を探し回る必要はありませんが、適度な運動はストレス発散にもなり、便秘改善の大きな一歩となります。ウォーキングなどをして、野生動物の真似をして運動をを初めてみてはどうでしょうか。

腹八分目で抑えておく

野性動物はいつも食べ物を探しているようなイメージがありますが、ああ見えて食欲のコントロールをしています。本能的に腹八分目までしか食べないようにしているのです。人間でも、腹八分目までに抑えておくのが便秘改善に効果的だと言われています。

なぜなら、めいいっぱい食べてお腹をまんぱんにしてしまうと、腸の消化吸収が追い付かないからです。仕事量が多いと人間は疲れるように、腸もたくさん仕事をすると疲労が溜まってしまいます。そして、便を出すのが難しくなってしまうのです。

「たくさん食べればたくさん排泄する。」と思っている人もいるかもしれませんが、便の中で食べ物のカスというのは20パーセントも含まれていません。ほとんどが水分です。そのため、たくさん食べるのではなくて、腹八分目まで食べるようにしましょう。

本能的に便秘解消の草を知っている

野性動物は本能的に行動する場合が多いですよね。誰に教えられたわけでもなく、ただ本能のままに考えて行動します。そして、本能的に胃や腸の調子が悪くなると、どんな草を食べれば良いのかまでも知っているのです。

これは、ペットにも起こりうる本能です。犬や猫は、気持ち悪かったり調子が悪くなると、散歩中に草を食べる場合があります。草は繊維質の塊です。だから食べると調子が良くなるというのを知っているのです。人間がこれを真似しようとなると、知識が必要になりますよね。

しかし、なんとなく野菜は体に良いとか、野菜を食べると便が柔らかくなるなど分かってはいます。小さい時から、しつけで野菜を食べなさいと言われていたからかもしれませんね。なんとなく野菜を食べれば便秘が治ると知っているのならば、あとはどんな野菜を食べれば効率的に便秘が治るのか、勉強していくようにしましょう。

ペットが便秘してしまう理由とは?

最後に、野生動物ではなくてペットに焦点を当てたいと思います。ペットも便秘はします。野生動物みたくエサを探さなくても毎日もらえるので運動不足になりやすいからです。

また、ペットの便秘で獣医を受診すると、多くがストレスで便秘になっていると診断されるようです。運動不足はストレスになりますし、ペットはしつけを受けて疲れが溜まっているのかもしれません。「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムは、このように便秘というのを様々な角度から取られています。

色々役立つことが書かれていますので、以下のリンク先のページを読んでみて下さい。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ