美容の為に避けたい生活習慣

【紫外線ケアを行わない】
美容健康の為には紫外線ケアを行わないと言う事は直接肌にダメージがかかりますのであまり良い事ではありません。具体的にどの様な事かと言いますと肌は太陽の光を浴び続けてしまいますと降り注ぐ多くの紫外線によって肌にダメージがかかってしまいます。因みに女性の方でも真夏にしか紫外線対策を行わない方が多い様ですが、ここ数年はオゾン層の破壊によって夏以外でと年間を通して紫外線が降り注いでいます。そして例え曇りの日だとしても紫外線がゼロになる事は無いのです。そして紫外線の影響の中で一番注意したいのが、シミやシワとなります。このメカニズムとしては肌内の細胞が紫外線からダメージを受けるとメラニン色素などの細胞が再生できなくなってしまって肌に残ったメラニン色素がシミになってしまうのです。

【マメに水分を取らない場合】
普段から余り水分を取らない方は美容の観点から言いますと、軽い脱水症状となってしまって血液がドロドロになってしまう場合があります。そうすると代謝活動も弱まってしまいます。そして最終的には体の隅々にまでスムーズに栄養が行き届かなくなってしまいますので、この事は肌や髪の毛にも影響があります。特に女性の方が気にする美肌に関して言えば肌の形成にとても大切なコラーゲンは、もし水分が十分に足りていないとすると壊れてしまうのです。ですので肌を触った感触や見た目につきましても潤いやハリがなくなってしまいますのでシワやたるみができたりカサカサになってしまうのです。予備知識と致しまして、人間の体の約60%が水分となりますので小まめに取る事が肌の健康のためとなるのです。

【朝シャンをする場合】
今では当たり前の習慣となっている朝シャンですが、普段から取り入れている方もいらっしゃるかと思います。外出する前にシャワーを浴びる事はとっても気持ちが良い事なのですが、実は朝シャンと言う行動は美容には良く無いのです。それはどうしてなのかと言いますと、頭皮の新陳代謝と言うのは実は睡眠中に行われておりますので、就寝中に頭皮が汚れていると髪が健康的に生えてこなくなってしまうのです。また毛穴に汚れや皮脂が詰まってしまうと抜け毛の原因にもなってしまうのです。そしてシャンプーの後と言うのは頭皮の皮脂が無くなっている状態となりますので外出した時に紫外線や雑菌によって直接的なダメージが受けやすくなりますので、洗髪はなるべく夜の就寝前に行った方が良いのです。

【睡眠不足の場合】
成長ホルモンは睡眠中に分泌をして私達の細胞を形成や再生をします。ですので美容の為にできる事の中でも睡眠を取ると言う事はとても大切な事になるのです。分かっていながらも夜更かしをしたり睡眠時間が足りない日が続くと段々と肌や髪の毛にも見た目のダメージが現れて来ます。ですので睡眠を取る事によって髪や肌の細胞が形成されますので健康な状態を維持する事ができるのです。特にお肌のゴールデンタイムと呼ばれている時間帯は22時〜2時の間になりますので、他の時間帯に比べても成長ホルモンの分泌量が多くなるのです。また女性の方には必見ですが、日常的に睡眠時間が足りていない方は更に紫外線からのダメージが強いですので細胞が再生しずらくなってしまいます。
【過度の飲酒】
お酒の飲み過ぎは健康の他に美容の面からしても良くありません。その理由はアルコールの特性やメカニズムが関係しているのですが、アルコールを分解する為には多くの水分が必要となるのです。ですので沢山お酒を飲めばそれだけの体内の水分が必要となりますので、当然お肌の水分も奪われてしまいます。ですので肌細胞が脱水症状を起こしやすくなってしまい、コラーゲンが破壊されてしまいます。また見た目に関してもお肌が乾燥をしてしまいますのでハリが失われてしまってシワが目立つ様になってしまうのです。また30代や40代になるとほうれい線が目立ちやすくなりますので老け顔に見られやすくもなってしまいます。この様な事にならない様に過度の飲酒は美容の為にも禁物となるのです。

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ