美肌になるためにいろんな方法を試してみた

・綺麗な肌になりたいなら、まず洗顔

美肌になりたいなら、洗顔からこだわりましょう。

洗顔フォームで顔の汚れを綺麗さっぱり取りたいところだけど、朝の洗顔には洗顔フォームは必要ありません。
水で十分です。
ただし、肌は刺激に弱いです。

なので、朝から冷たい水で洗顔すると逆に肌に負担をかけてしまいます。
そこで蒸しタオルを用意しておきましょう。

洗顔前に蒸しタオルを使えば毛穴が広がって汚れが落ちやすいです。
まず、二分か三分間だけ蒸しタオルを顔にあてます。
その後、洗顔するだけです。

ちなみに蒸しタオルは朝と夜、どちらに使っても効果があります。
それと蒸しタオルはちょっとあたたかくて気持ちがいいなと思う温度にしましょう。
熱いと肌に負担がかかってしまいます。

・洗顔は二回で十分

洗顔は朝昼晩、三回やらなくても大丈夫です。

元々、肌には保湿効果があります。
洗顔は肌の汚れを落とすために必要です。
しかし、洗いすぎはせっかくの保湿成分まで洗い流すことになります。

肌の保湿成分がなくなれば、肌の保湿のために皮脂を分泌します。
その結果、皮脂が毛穴につまり肌荒れの原因になります。

皮脂の過剰分泌は逆に脂ぎった肌へと変換することになります。
脂ぎった肌にならないために洗顔は一日二回に抑えたほうがいいでしょう。

洗顔した場合は保湿成分を肌に与えることが大切です。

それに洗顔はごしごし泡でこすってはいけません。
洗顔後、肌をタオルでつよくこするのもいけません。

理由は肌に悪影響がありシワやタルミの原因になります。

・洗顔の時、気をつけること

洗顔の際にシャワーを使うのはよくないです。
そもそも、顔はデリケートな部分です。
思っている以上、シャワーは肌に刺激が強いです。
優しく低刺激で洗うのが洗顔の基本です。

できれば、水よりぬるま湯で洗顔しましょう。
ただし、温度は30度から35度が適切です。
あんまり、冷たかったり熱かったりすると今度は肌にダメージを与えてしまいます。

乾燥肌の場合は30度でも熱く感じるので25度が最適です。

つまり、肌の状態に合わせて洗顔に使う水の温度を変えたほうがいいでしょう。

洗顔は最後まで気をぬいてはいけないということです。
すすぎ残しは肌トラブルにつながっていきます。
なので、すすぎ残しがないように優しく洗い流すことが重要となります。

・肌を叩くのは逆効果、基礎化粧品を浸透させたいなら

化粧水を少しでも、肌に浸透させようとついつい、顔をぱちぱち叩いてしまう。
実はこの行為、肌に刺激を与えることになります。

肌はデリケートなので、刺激は厳禁です。
できるだけ、刺激を与えないようにスキンケアすることが大切です。

スキンケアをしている時、マッサージ。
とても気持ちがいいです。
実際、顔には沢山の血管があります。

特にリンパの流れをよくすることは肌の新陳代謝に大切なことです。
できれば、優しくマッサージをしてください。

基礎化粧品を浸透させたいなら、顔を叩くより効果的な方法があります。
それは基礎化粧品をつける前に蒸しタオルを顔に当てることです。
蒸しタオルを当てたおかげで毛穴が開くので化粧品が浸透しやすいです。

・美肌を保ちたいなら睡眠は大切

ぐっすり眠った後はなんだが、肌の調子がいい。
それは気のせいではありません。

特に午後10時から午前2時は肌のゴールデンタイムなんだそうです。
この時間帯は寝ることで肌の新陳代謝に役立ちます。
最低でも午後12時から午前2時には寝たほうがいいでしょう。

だけど、寝る前に小腹がすいたからと言って食べ物を食べてはいけません。
太るだけでなく肌にも影響があるからです。
確かにお腹がいっぱいになると眠くなるとよく言います。

だけど、寝る前に食事をすると肌が荒れやすく、シワやタルミの原因にもつながります。
要するに寝る前に食事をしても体重が増えたり、肌荒れなど美容にとって困ることばかりです。

以上が美肌になるための方法です。

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ