腸内環境を整える大切さと痩せ菌のある食材

【腸内環境とは何か?】
ダイエットを行う為には腸内環境を整える事が大切になります。そもそも腸内環境とは何か?と言う事ですが、腸と言うのは第二の脳と言われる位に、健康を整える上でかなり重要な器官となります。そしてこの大切な器官となる調の健康をキープするのに大切なのが腸内細菌になるのです。ですので腸内細菌の種類やバランスが良いときちんと腸が働いていて健康だと言う事になるのです。普段皆さまがどの様な物を食べているか、そして消化や吸収を行っているかが大切になりまし、強いて言えば腸の中でどの様な細菌が活動しているかと言う事にもなります。因みに腸内細菌と言うのは数百種類もありまして、腸の中には常時約100兆個が住んでいます。そのカテゴリー分けと致しましては善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類となります。

【善玉菌の働きについて】
では次に善玉菌の働きについてご説明をさせていただきたいと思います。善玉菌と言うのは大腸を刺激する事で排便をし易くする為の「ぜんどう運動」を促進してくれるのです。ですので善玉菌が多いと言う事は整腸作用が正常化されて下痢や便秘を防止してくれますので、食事を済ませた後に腸内には消化された食べ物は残りませんので、腸の中で腐敗する事を防止してくれるのです。その善玉菌の働きと言うのは私たちの健康には不必要なコレステロールとくっ付いて体の外に排出してくれるのです。ですので善玉菌を増やす事で健康には不要な余分となるコレステロールが血管内に溜まっていく事を防いでくれるのです。更に善玉菌と言うのは腸内においてビタミンBやパントテン酸や葉酸などの健康や美容に必要な物を生産してくれるのです。また実は善玉菌が生産するビタミン類は食事から量を取り込むのは困難であり、体内で善玉菌に頑張ってもらう必要があるのです。

【悪玉菌の働き】
次に悪玉菌についても少しご説明をさせていただきます。悪玉菌は善玉菌の逆の働きとなり、体に対して悪い働きをします。具体的には整腸作用を妨げてしまい、腸の中には消化された食べ物が残ってしまってそれらが腐敗した物が残ってしまいます。また有毒物質も作り出してしまいますので、この有毒物質が全身に血液を通じて運ばれてしまいますと肌荒れを起こしてしまいます。また有毒物質は体臭や口臭の原因にもなってしまいますし、腸内環境のバランスを妨げてしまいますので、免疫力を低下させてしまって下痢や便秘になり易くもなってしまうのです。

【太りにくい人は痩せ菌が多い】
さて、皆さまの周りにも太りにくい人がいると思います。一緒に食事をしても体重の増加が違いますので羨ましい限りですが、実は食べても太りにくい人と言うのは俗に痩せ体質とも言われておりますが、痩せ菌が多いと言われています。なので痩せ菌が多いと太りにくくなるので、腸内に痩せ菌が多いとどの様なメカニズムが働いているのかと言いますと、
体内の有害な物質を排除して残さない様にしてくれます。そして余分なコレステロールも体内に残さない様にしてくれますし、食事からは十分に摂取出来ない健康には欠かせないビタミンや酵素を体内で作り出してくれるのです。これだけの条件が揃っていればダイエットもできると言う訳なのです。

【痩せ菌が多い食べ物】
では次に痩せ菌が多く含まれている食べ物についてご紹介をさせていただきたいと思います。少しずつでも良いので日々の食生活の中で痩せ菌が多い食べ物を取り入れる事で痩せ体質に近ずける事ができます。大切な事は一気に摂取をするのではなく継続する事になりますので、現在の食生活を見直して見ましょう。大きなくくりとしては発酵食品がお勧めとなります。具体的には納豆や味噌、漬物、キムチ、メンマ、しょうゆ、米麹、かつお節などになります。もうお気つきの方もいらっしゃるかと思いますが、ほぼ和食に含まれている惣菜や調味料になります。昨今ではハンバーグなどの欧米のメニューが多くありますが、やはり理想といたしましては一日に一食は和食を取り入れる事がお勧めになります。

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ