お腹周りを痩せる為の簡単な方法

【ねじり運動で痩せる方法】
お腹周りを痩せたいと思うのでしたらズバリお腹周りに負荷をかける運動を行う事が一番になります。その中でもねじり運動がお勧めとなります。それと言うのもお腹の筋肉と言うのは実は縦の動きよりも横に捻った方が更に多くの筋肉を使いますので、ダイエットに効果があります。そしてその方法と致しましては先ず仰向けに寝て右足のヒザと股関節を直角に曲げて左手を耳に当てます。その後に左肘と右ヒザが触れる様にギュッとお腹を捻って行きます。またポイントと致しましてはこの動作の時にはしっかりと息を吐いてお腹を凹ませる事です。その後は元の姿勢に戻って行きます。そしてこの作業を各10回×3セットを先ずは行なって行きましょう。

【ストレッチで体の歪みを改善する方法】
次はストレッチをして体の歪みを改善していく方法になります。と言いますのも普段どうしても足を組んだりしていると各々の癖ができてしまいますので、筋肉が固まってしまって体的には歪んだ状態となってしまいます。一番分かりやすいのが、パソコンの仕事をしている場合に、気がついたらつい猫背になってしまっている事があるかと思います。この場合には背中が丸まってしまう事でお腹が圧迫されてしまいますので気がついたらお腹に脂肪が溜まりやすい体質になってしまっているケースが多いのです。そうするとポッコリお腹になってしまいますので、毎日ストレッチを行なう事で体の歪みを改善させる事ができますので、姿勢が良くなったり代謝がアップして脂肪燃焼も期待ができるのです。【ウォーキングで痩せる方法】
やはりウォーキングは運動系ダイエットを語る上では切っても切れない物になります。結局の所は色々なダイエットの為の運動と言うのは存在しますが、まだ年齢が若かったり体力がある内であれば良いのですが、そうではない場合には気合いを入れて始めても途中で続かなくなってしまう場合があると、運動ダイエット自体に恐怖感を抱いてしまいます。ですのでそうならない為の運動としてはウォーキングが一番良いのです。ウォーキングは何と言っても有酸素運動にもなりますし、歩くと言う動作はいつも行なっている事から新たな事を始める抵抗感が無くて済むのです。またやる気さえあればお金をかけずに始まられる事もメリットの一つです。

【ウォーキングにかける時間】
次にウォーキングにかける時間についてですが、自分はいつも通勤通学で歩いているからウォーキングはやっていると言う方もいらっしゃるかと思いますが、でもダイエットが目的なのでしたら、ただゆっくりとダラダラ歩いているのであれば何時間歩いてもダイエットとしての意味が無くなってしまうのです。ですのでダイエットとしてウォーキングを始めるのであれば、有酸素運動の最低基準を満たさないといけません。ですので大体30分位継続した後で脂肪が燃焼する為の汗をかいてきますので、大股で両手を振って早足で歩いた状態をキープしながらの30分となりますので、いつも歩いているペースとは違う事を意識致しましょう。またお腹周りを意識して歩く時にちょっと捻りながら行ってみると良いでしょう。
【食事の改善で痩せる方法】
お腹周りは体の中でも一番ぜい肉が付きやすい場所となります。また付きやすいのですが、取れにくいと言う特徴もありますので、本気でお腹周りを痩せたいと言うのであれば、日々の運動の他に食事にも気をつける必要があります。それは摂取カロリーを抑える事で脂肪を付きにくくすると言う事になるのですが、参考値と致しましては男性の場合には2300kcal(18歳〜49歳で身体活動レベルが低い時)になりまして、女性の場合には1650〜1750kcalとなっております。またいちいち日々の食事のカロリーを気にしていられないし、どうやって数値を管理したら良いかぎ分からないと言う方の場合には、特に外食が多い方の場合ではコンビニやファミリーレストランに行くと最近ではちゃんとカロリー数値が書いてありますので、確認しながら生活する事でお腹周りが痩せて来るでしょう。

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ