背中の贅肉を落とす方法

【背中の贅肉について】
人の見た目を判断するのは第一印象としては顔のシミやたるみだと思いますが、実はそれ以外にも老けている様に感じさせたりネガティブな印象を感じさせてしまう体の箇所があります。それは背中です。例えば男性が女性を見た時に結構な美人だとしても、後ろ姿を見た場合にTシャツの上からでも背中がダボついていたり贅肉がダボついていたりすると『残念だなぁー』と思ったりもします。子供の時はまだ可愛らしいと言う事で良いかも知れませんが、大人になると体全体のシルエットにも関係してきますので、あまり良い印象を与えません。ですのであるよりは無い方が良いと思わせるのが背中の贅肉なのです。また背中は自分で見えないからこそ日々のケアが欠かせないので、お悩みの方の為にいくつかの方法をご紹介させていただきます。

【肩甲骨のエクササイズ】
まずは肩甲骨のエクササイズについてご紹介させていただきます。方法と致しまして始めに準備運動としまして正面に顔を向けたままで首を横に倒して30秒間キープします。片側が終わったら逆の首も倒し、この動作の後にいよいよ肩甲骨を閉じるエクササイズの開始となります。
先ずは両腕を方法と致しましては先ず両手を肩の高さまで上げます。この時に手の平を上に向けておきます。そして次に肘を直角に曲げたら肘を後ろに引いて肩甲骨を下げます。そうするとだんだんと肩甲骨が下がっていきますが、背骨に近い所に来た事が意識できたら5秒間キープをします。これが一連の動作になりますが、10回程度繰り返して行きます。

【肩甲骨ストレッチで背中の贅肉を落とす方法】
次に肩甲骨をストレッチする事で贅肉を通す方法になりますが、仕事の合間にもできる方法ですのでリフレッシュついでに背中も痩せちゃいましょう。そしてその方法ですが、先ずは両手を肩において肘を大きく回すイメージで前後に5回くらい行います。この動作が終わったら次は腰に両手を当てて思いっきり肩を上げます。そして肩を上げきった所で息を吸って3秒間キープします。次は逆に3秒間かけて息を吐き切りながら肩を思いっきり下げて行きます。

【筋トレで背中の贅肉を落とす方法】
さて、次は筋トレを行うついでに背中の贅肉を落として格好の良いボディーラインを作ってしまおうと言う方法になります。先ずスタートポジションは床にうつ伏せになります。そして2秒間かけて上半身と下半身共に上に持ち上げます。そして2秒間かけて再度今度は下に下ろしていきます。普段行わない動作になりますし、使わない筋肉こそが背中の贅肉になりますので、ちょっとキツイかも知れませんが、頑張って見て下さい。そして上記の動作を15回程度繰り返したら、最後の15回目に上がったら下に下さないで上がった状態のままで15秒間かキープをします。今までのストレッチとは違って筋トレの要素が入るので大変かも知れませんがその分効果は出ますので、先ずはユックリでも良いのでフォームの確認から行ってみると良いでしょう。

【背中の筋肉を引き締めるエクササイズ】
次に背中の筋肉を引き締めるエクササイズのご紹介をさせたいただきます。後ろから見るとぼてっとした締まりのない背中を引き締める事ができますので是非お勧めの方法となります。先ず最初に肩幅程度に両足を開いて姿勢を良くして立ち、両腕を後ろで組みます。この姿勢が出来たら鼻からゆっくりと息を吸って、口から細く大きく吐きながら腕を持ち上げていきます。そして背中の筋肉が硬くなったと感じたら引き締まっている部分となりますので、その所で動作を停止して10秒間キープします。そうしたら鼻から大きく深呼吸を行いながら腕を元のポジションに戻して行きます。この動作を1回とカウントをして10回行って行きましょう。

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ