効果の高い日焼け止めの選び方

【日焼け止めの選び方の大切さ】
ひと昔とは違って昨今の日焼け止めは優秀な商品ばかりです。究極を言えはUV効果を備えた商品を一種類使用すれば乳液や下地でも問題ないのではないかと思わせる位のレベルになっています。またつい昔の感覚ですと、多くの日焼け止めアイテムを重ねれば良い様な気がして様いますが、実際はそんな事でも無いのです。例を言いますとSPFの効果があるUV乳液にSPF50のUVの下地を重ねると100の効果が得られるかと言うとそう言う単純な話でも無いのです。また無理に重ねてしまうとメイク仕上がりの邪魔をしてしまう事にもなりますので重ねても良いのですが、何を優先させたいかによって商品選びをする事が大切になってくるのです。

【日焼け止め効果を得たい場合】
もし皆さまが日焼け止めを塗る目的が、とにかく日焼け止めをしたくないと言う事なのでしたらUV効果が高い商品を選んだ方が良いでしょう、またベースメイクの段階で肌を綺麗に見せたいと言う願望があるのでしたら下地の成分の中にUV効果を高める為の成分が入った物を選ぶ様にすると良いでしょう。昨今の各社から販売されている商品群は多岐に渡っておりますので、皆さまがどの様な目的を持っているかや、なりたい肌のイメージによって優先順位をつけながら商品パッケージに表示されている成分を見ながら選んで行くと良いでしょう。

【SPAとPAについて】
表面のパッケージやコマーシャル効果をベースに購入するのも製造元としては信頼性がある企業ですので品質としては悪くはありませんが、ただこの購入方法だと皆さまの目的を達成させる事ができない場合があります。ですので消費者としてもそれぞれの違いをきちんと把握しておく必要があるのですが、まずSPAと言うのは一般的に炎症や肌を赤くしたりする原因となるB波を防ぐ数値の事です。またこれは5〜100程度までありますが、通常の生活でしたら20前後となり、頻繁に外出する人であれば50が目安となるでしょう。また肌の深部にダメージを与えるA波を防ぐのがPAとなります。また段階を表す記号は +、 + +、 + + +の3段階になりますので、もし今まで意識をしていなかった場合にはご自身に合った物を選んで行くと今後の日焼け止め効果が高くなる事が期待できます。

【日焼け止めの塗り方】
良い商品を購入してもきちんとした塗り方をしていなければ効果が半減してしまいます。そこで日焼け止めのお勧めの塗り方はとにかくムラがない様に塗る事となり、隙間がない様に塗ると言う事が鉄則となります。特に気を付ける事は顔全体にくまなく塗った後には顔面で出っ張っている鼻の頭や頭、また頬を塗り忘れていないかも確認をして、重ね塗りをしても良い位に慎重に塗って行きましょう。特に紫外線が強い季節には小鼻の脇や目の奥、フェイスラインなど細かい部分にもきちんと馴染ませる様にして日焼けによって肌がカサカサにならない様にしましょう。

【日焼け止めのワンポイントアドバイス】
最後にお役立ち情報をお伝え致しますと、例えば真夏に1日外出をしないといけない場合など絶対に日焼けが予測されると思われる日には日焼け止めを塗り直す様に致しましょう。だからと言って特に女性の方に関しては顔面に塗った日焼け止めを全て取り除いて塗り直すのは大変な作業になりますので、ポイントとしては目の下から頬にかけてや鼻周りなど焼けやすい箇所、また化粧が崩れやすい箇所のみを乳液をコットンに染み込ませた物で拭き取り、境目などは面貌やスポンジなどでぼやかすと自然になじませる事ができます
。そして新たにUV下地やファンデーションを塗ってゆけば紫外線を抑える事ができます。

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ