肝斑の主な原因と役に立つ対処方法について

【肝斑とは何か?】
肝斑(かんぱん)と聞いて直ぐにわかる人は少ないかも知れませんが、肝斑は顔にできる淡褐色のシミの事です。特に日本人は肝斑が出来やすいと言われており、30歳〜40歳以上の女性に多く発症しています。そして肝斑の具体的な症状とはどの様な物になるのかと言いますと、目の周りを除いて概ね骨を縁取る様にシミが左右対称に広がる様に生じる事が特徴です。この為に肝斑ができると見た目を含めた顔全体に対するインパクトが大きくなってしまうのです。また考えられる原因は次項からご説明をさせていただきますが、通常顔色が悪い場合には
疲れや睡眠不足、肌のターンオーバーの不調などが考えられます。

【ホルモンバランスの崩れが原因の場合】
特に30代〜40代の女性に肝斑が発症している場合には、女性ホルモンのバランスが大きく関係していると言われています。具体的には女性ホルモンの中にある黄体ホルモンには子宮を妊娠させる準備を行う様に変化をさせて月経の周期を決めます。そしてもしも妊娠をした場合には出産までの間に妊娠を維持させる役目を担ったり、他のホルモンとの調整をしてバランスを保ったり女性の体内において色々な役目を果たしています。ですのでもしも黄体ホルモンのバランスがいい崩れてしまいますと妊娠時や経口避妊薬の服用時に肝斑が出やすくなってしまうのです。尚、閉経後には殆ど発症する事は無く、加齢と共に薄くなり消えて行く傾向があります。
【外的要因が原因の場合】
また肝斑は私達が生活している何気ない事が原因になっている事もあります。先ず始めにご紹介するのが紫外線です。まだ直接的な因果関係は証明されておりせんが、発症に関しては紫外線が影響しているのではないかと考えられております。特に肝斑が発症しやすい部位としては顔の両側の頬が多い為に紫外線が当たりやすい箇所にもなるので肝斑の発症と紫外線の関連性は否めないと考えられているのです。ですので普段から紫外線対策には気をつけた方が良いと言えます。また女性ホルモンのバランスが崩れる原因にはストレスを始めとして寝不足など不規則な生活が与えるインパクトも大きいと言えます。またシミの原因と同様に肌への過度な刺激も肝斑の原因になる場合がありますので、洗顔やマッサージを行う場合には必要以上に刺激をしない様に致しましょう。

【肝斑の治療方法】
次に肝斑の治療方法についてですが上記の通りに主に体内のホルモンバランスが原因となっておりますので、フォトやケミカルピーリング等で外部から治療を行う事は困難となっています。特にレーザーだけの治療は症状が悪化してしまう事もありますので、正しい治療方法と致しましては、ビタミン剤や内服液等を用いて体の内部からの治療を併用する方法が一般的となっております。特にトラネキサム酸については肝斑の治療に使用される色素の沈着を抑制する効果がある内服薬となりますので、仕組みとしてはこの有効成分が血液によって体の隅々にまで届けられて表皮の深い部分にあるメラノサイトに対して効力を発揮します。しかし内服薬だとは言え即効性がある訳ではないのでおおよそ一ヶ月で効果が出てくる様です。またハイチオールやビタミンCを一緒に摂取する事で安定した効果を得る事ができます。

【生活の中でのケア方法】
上記に記載させていただいた通りに肝斑はビタミン剤や内服液を処方してもらって治療するのが近道だと言えますが、でもそもそもの理由は私達自身が作り出してしまった事で生じている場合が多いですので、薬を投与するのと同時に生活を見直す事で肝斑の症状が落ち着いてから場合もあるのです。具体的には上記に記載をしたホルモンバランスに支障をきたす原因を取り除く事です。例えばストレスを抱える前に人に相談をしたり、夜更かしをしがちな人は規則正しい生活をする事で安定したホルモンバランスになりますので、肝斑の方は今の生活を一度見直してみると良いでしょう。

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ