美容に良い玄米と摂取方法

【白米より玄米が良い理由】
美容やダイエットを意識している方の中にはなるべく白米を食べない様にしている人が多い事が挙げられます。その代わりに玄米を食べている人が増えてきています。これには白米よりも玄米の方が美容に対してメリットがあるからなのですが、具体的にはどの様な事なのかと言うと食物繊維が豊富だと言う事です。驚く事に数値にすると白米に比べて玄米にはとおおよそ6倍の食物繊維が含まれています。また日々の食生活の中で食物繊維をきちんと取れていれば体内に溜まっている有害物質やコレステロールを取り除く事ができます。強いて言えばきちんとデトックスができれば太りにくい体質になる事も出来るのです。なので私たちが好きなご飯だからこそ玄米にする事で効果が現れやすいのです。

【豊富なビタミンB1】
玄米を食べれば普段なかなか摂取できないビタミンB1も摂取する事ができます。勿論白米の中にもビタミンB1が含まれておりますが、玄米は白米に比べると何と5倍も含まれているのです。そもそもビタビンB1はどうして美容に良いのかと言いますと、それは糖質の代謝には切っても切れない栄養素となるからなのです。特に年齢を重ねると代謝活動が弱まってしまう事もありまして体内に糖質が残り易くなってしまいますのでどんどん脂肪と言う形で皆さまの体内の溜めこまれます。そうするといわゆる贅肉と言う形で美容やダイエットの邪魔をしてしまいます。これらの事からも玄米は美容に良い事が分かります。因みに玄米を美味しく食べるコツと致しましては一晩ゆっくりと水に漬けこんでから炊飯ジャーの玄米のメモリに合わせて炊き上げると良いでしょう。

【お勧めメニューのガパオライス】
玄米をそのまま炊いて食べるには、人それぞれ好みがありまして合う人には良いのですがどうしても口に合わないと言う方にお勧めのメニューが「玄米ガパオライス」になります。これは玄米を使用したとてもヘルシーなガパオライスになり、リピート率が多いメニューとも言えます。調理するに当たっての材料はお茶碗3倍分の炊いた玄米、鶏ひき肉300g、パプリカ1個、みじん切りした玉ねぎ1個分、バジルの葉を一掴み、ニンニクみじん切り1かけ分となります。また調味料はオイスターソース、しょうゆ、ナンプラ、酒、砂糖、半熟目玉焼き2つ、サラダ油になります。調理方法は簡単で、油をひいたフライパンが温まったらニンニクを入れます。そして香が出たら鶏ひき肉を入れて炒めます。そして鶏ひき肉の色が変わったタイミングでパプリカと玉ねぎみじん切りを入れます。次に火が通ったら上記の調味料を加えて味を馴染ませます。そして最後にちぎったバジルを加えて、玄米ご飯を乗せ、目玉焼きをトップの乗せたら完成です。

【玄米摂取時に気をつける事】
最初は玄米の知識がなかったと言う方も上記の説明によってが白米と違う点や美容に良い点についてご理解いただけたのでは無いかと思います。ポイントとしては食物繊維とビタミンB1について普段摂取が出来ない分、玄米からは効率良く摂取ができると言う事にはなりますが、だからと言っていつも玄米ばかり食べていると体に良いのかと言うと決してそう言う訳ではありません。玄米を食べるに当たって気を付ける事がありますので、これもしっかりと押さえておく必要があります。具体的にどの様な事かと言いますと、まだ玄米を食べ慣れていない段階では胃腸の負担がかかる場合があります。これは個人差もありますので一概には言えませんが、もし食べた後に体調が優れない時には徐々に食べる量を増やして行く様に致しましょう。

【玄米とミネラル吸収について】
玄米を摂取するに当たり、一部でミネラルの吸収を邪魔してしまうと言う説があります。これはどの様な理論なのかと言いますと、玄米に含まれているフィチン酸と言う成分がカルシウムや鉄分などの吸収を邪魔してしまうと言う説になるのですが、しばらく玄米を食べ続けていても体調に変化がなく、ダイエットにも成功している様なのであれば特に気にする事は無いでしょう。逆に最近貧血気味だったり体調が優れないと言う場合には一度玄米をお休みして様子を見る様にしましょう。若しくは玄米を続けながら平行してミネラルを多く含み、更にダイエットにも良いバナナ、豆腐、小松菜、ししゃもなどを食べると良いでしょう。

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ