ファンデーションを選ぶならどれがいい  年代別に選びましょう

【20代向けのファンデーション】

20代といえばまだまだ、肌の衰えなんて感じない世代。
そう思いこんでいる人は大勢います。
だけど、若いからと言って油断は禁物です。

今からきちんと肌をケアするファンデーションを使いましょう。

乾燥や毛穴つまり、肌荒れ、ニキビなど肌のトラブルは若い頃から対処しましょう。

そこで20代におすすめのファンデーション。
マキアージュのドラマティックパウダリー UVならカバー力があるのに透明感のある仕上がりです。
鏡面の大きい定番型のケースなら持ち歩くのにも便利です。

そこで実際に使用している人の口コミを見てみました。
つけた瞬間ふんわり軽く広がり、毛穴も目立たなくなりました。

20代でも毛穴の広がりは気になります。
なので、毛穴が目だたなくなるのはとても助かります。

【30代ならこのファンデーションがいい】

30代ともなると肌の衰えはますます進行します。
角質層の水分が不足してくるからです。
その結果、肌の乾燥化が進みます。

シミやくすみが気になるのもこの年代です。

そこで、シミやくすみを改善できるファンデーション。

まずは20代で使っていたものより高ランクのファンデーションを選ぶべきです。
保湿成分や美容液成分を多く含んだ、外側だけでなく内側でも肌にはたらきかけるものになります。

とある美容ランキングで30代に一番人気のファンデーション。

それがルナソルというブランドです。
スキンモデリングパウダーグロウといいます。

パウダーだけど、粉っぽくありません。
しっとりとつやっぽく仕上がるので気になるシミやくすみがきにならなくなります。

【40代になったらファンデーションを変えるほうがいい】

年々、減少する女性ホルモン。
20代で女性ホルモンはピークを迎えてその後は、減っていくだけです。

肌は女性ホルモンと密接な関係があります。
なので、減少すれば当然、肌も衰えていきます。

40代ともなれば、肌の衰えは深刻になっていきます。

そこでポイントとしては美容成分や保湿成分が入ったファンデーションが望ましいです。

結局、女性ホルモンは減っていくだけなので、肌に大切な成分は外部から補うしかないということです。

そこでおすすめなのは、エスティローダーのダブルウェアステイインプレイス メークアップです。
単なるファンデーションではなくいわゆるリキッドファンデーションになります。

リキッドで気になるのは肌へのべたつきです。
べたべたするのは使っていても気持ちよくありません。
その点、ダブルウェアステイインプレイス メークアップなら指でのばしたあとスポンジを使って叩くように肌に伸ばしていくだけです。
そうすれば1日中崩れない、パーフェクトな仕上がりになります。

【50代からの肌のファンデーション】

50代ともなると肌のハリだけでなくタルミも目立ってきます。
ますます、美容成分が含まれたファンデーションが必要になってきます。
とにかく、高性能なファンデーションというのはハリとツヤを与えてくれます。

50代で人気の高い化粧品。
それがディオールです。

中でも人気が高いのがスキン フォーエヴァー コンパクト エクストレム コントロールです。
軽やかなつけ心地が人気の一つになっています。
色みを調節して素肌のような仕上がりになります。

50代ともなると肌のくすみはますます深刻になっていきます。
誰だってしわだらけの肌にはなりたくないはずです。

肝心なのは長時間、潤いのあるつやつや肌をキープすることです。

これは他のファンデーションを使っていても重要なポイントと言えるでしょう。

【最近、話題のスプレーファンデーションとは】

スプレーファンデーションとはスプレーからファンデーションを噴射します。
なので、ひんやりとしてつけると気持ちがいいと好評です。
使い方はパフにスプレーで吹きかけ、顔に塗っていくだけです。

ここまでは普通のファンデーションと同じ使い方です。
ただし、スプレーファンデーションはひんやりとして毛穴をきゅっと引き締めます。

特にスプレーファンデーションの一番の利点はメイク崩れを防げる点です。
夏場は日中、汗でメイクが崩れます。
そんな時にスプレーファンデーションが役立ちます。

別に顔にスプレーを吹き付けるわけではありません。
パフに吹き付けて塗るだけです。

しかも、ひんやりしているので夏場、火照った肌に気持ちのいい刺激を与えてくれます。

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ