旅行にも便秘薬と浣腸を箱で持参している?旅行中に便秘になるわけとは。

【旅行中はトイレを我慢しがち。】
普段はしっかりと排便ができているのに、旅行に行くと便秘になってしまうという人はいます。また、普段から便秘がちだと旅行に行くと余計に便秘になってしまうという人もいますよね。慢性的な便秘になると便秘薬や浣腸が手放せなくなるように、旅行中も薬や浣腸を荷物に持っていくという人もいます。
旅行中に便秘になりやすかったり、便秘が悪化しやすいのはトイレに行きにくいからです。
観光地でトイレが近くになくて我慢してしまったり、電車やバスに乗り遅れるから我慢してしまうなど、旅行は普段と違う生活をするようになるので、トイレに困る事もあります。便意を感じているのにトイレに行かないと、排便自体を感じにくい体になってしまうので、それが便秘を悪化させてしまう可能性もあります。
【環境の変化でストレスを感じる。】
旅行は楽しいものですが、旅行中は行き慣れない場所なのでストレスを感じやすいというのも、旅行中に便が出なくなる原因です。ストレスを感じると、腸の動きをコントロールする自律神経が乱れてしまいます。それにより便を溜めやすくなり、排便が難しくなります。普段の生活でもストレスは溜まると思いますが、旅行は楽しいからこそストレスに気がつきません。また、友人や恋人同士と夜更かしする事もあるので、余計に自律神経が乱れやすくなってしまうのも旅行中によくあります。自律神経は便通だけではなく、体温をコントロールする役割も担っています。体温調節が上手くいかないと風邪を引く事もあるので、旅行中は体調管理にも気をつけたいところですね。
【食生活が変化するから。】
便秘は食べ物と大きく関わっています。何を食べたかで便の質は変わるため、旅行中の食事を見れば便秘になる理由が分かる事もあります。
旅行に行くと、外食が続きますよね。ホテルや旅館で野菜を食べても、昼食や夕食は野菜をあまり食べない場合もあります。すると便を柔らかくする食物繊維の量が少なくなるため、便は固くなりやすくなります。また、肉は腸内の悪玉菌が大好物なので、外食で肉食が増えると悪玉菌が増えて腸内環境を悪くし、便秘にさせてしまいます。
外食が多いからこそ、旅行中は野菜を積極的に食べたいですよね。旅行先ではその地の名産物を知る機会も多いと思うので、食を楽しみながら野菜を食べると楽しいですよ。
【水分不足になりやすいから。】
旅行中は、水分不足になりやすいと言われています。水筒を持ち歩いて観光地を巡ると、あまり身軽な旅とは言えませんよね。だからペットボトルを購入して持ち歩く人が少なくありません。だけども、すぐに水分補給をしたいとなった時にペットボトルがどこにも売っていないという状況もありますよね。そうなると水分補給を我慢するしかなく、体に水分が足りなくなります。
便秘には水分補給と言われているように、旅行中になにか飲みたいなたなと思ったら、すぐになにか飲めるようにペットボトルを朝から持ち歩いたりなどの水分をすぐに補給できるようにしておきましょう。
【普段からどうして便が出るのか知っておく。】
旅行中は便秘になりやすいと自覚しているのならば、普段からどうして便が出るのか、便秘になるのかというのを知っておくと良いです。なぜ?というのを知っておくと、便秘にならない生活が送れます。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムは、便秘の仕組みからどうすれば慢性的な便秘を改善できるかなど便秘の教科書になっています。慢性的な便秘で便が出ない人でも、するりと便が出やすい体内環境にしてくれます。
普段から便秘にならないのを心がけて、旅行を楽しみたいですよね。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム

世界最高品質を目指す高級サプリメントメーカー
ドクターズチョイス厳選ダイエットサプリ